スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年、釣り始め

いつものHGに
2016年の釣り始めに行ってきました。

昨年の8月末に職場の釣り仲間と
三宅島へ釣行して以来の
かなり久しぶりの釣行です。

なので調子が狂っているのか
間違えてひとつ手前の駅で降りて
駅を出てから気付く。

全ての指が指先まで覆われている冬用の
フィッシンググローブを持ってきたつもりが、
右手の方が親指・人差し指・中指が露出している
指出しグローブという左右バラバラなありさま orz



…んが、もう釣り場に来てしまったので
致し方なし。
気を取り直して16時ちょい前からイザ実釣!

開始早々、底でハゼかミニセイゴらしき
アタリが頻繁にあるものの針がかりせず。

時間だけが虚しく過ぎて行き「ボウズ」の
三文字がチラリと頭をよぎり始めた17時半頃、
底から巻き上げ始めた瞬間ググンと強い引き!

この日はドラグ付きのタイコリールで
竿を出していたのですが、締めていても
結構糸が出されるぐらいの引きでした。

んで、しばしやり取りして上がって来たのは

20160111_a.jpg
クロソイ 32cm
(マーカーの両端の黒い部分は含まず黄色い部分がちょうど10cmです)

このサイズはあまり釣れないので
とても嬉しい限りです!

こやつは抱卵しているようだったので
タモ網に入れて水面まで下ろし
やさしくリリース。
釣れてくれてありがとう。



そして興奮冷めやらぬまま
それから10分後ぐらいに
またもやグイーンと強めの引き!

先ほどのクロソイよりも
やや間延びした感じの引きを味わいつつ
巻き上げてみると

20160111_b.jpg
カサゴ 26.2cm

ボウズを逃れた上に連続して嬉しいサイズ!
ありがたい限りです><

こやつも抱卵していたので
同じく優しくリリース。



その後はフッコらしきアタリは頻繁にあるのですが
タラシ部分を咥えて走るものの
すぐにペッと口を離してしまう状態が続きます。

タラシを短くするとアタリすら無く
タラシを長くするとタラシ部分だけ咥えて
すぐに吐き出すため
針がかりには程遠い状態。

更に19時半近くになると、そんなアタリすら
パタリと途絶え全く反応が無くなったため
20時ちょい過ぎに納竿。



とりあえず4時間ちょっとの釣り始めにしては
まずまずの釣行だったと思います。
クロソイとカサゴには感謝感謝ですmm

…ちなみに、さらっと書いてはいますが
実際は露出している右手の3指がかじかみ、
「う”あ”あ”あ”~」と指先の冷たさに
打ちのめされながら竿を出していました。

結構苦行。

皆さんも荷物を準備する際は
今一度チェックをお忘れ無きよう
お気をつけください orz


スポンサーサイト

tag : 釣り 湾奥 東京湾 ヘチ釣り ホリデーパック 夜釣り タイコリール クロソイ カサゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。