東京都江東区

土曜日は、おなじみいつもの湾奥ポイントに
16時30分ぐらい着で釣行。

都心部ではそれほどでもなかったのですが
海っぺりに出ると中々の風です。

風に当たると体感気温もぐっと下がるので
夜釣りにはもう厚手の防寒着は必須ですね。
(外人の観光客は何故Tシャツ一枚で平気なのだ?)



それはさておき、
早速仕掛けをセットしイザ実釣!

水深3mぐらいまで届く程度の糸を引き出し
ジンタンオモリひとつとアオイソメの重さで
ゆる~りと沈めます。

風で仕掛けが流されますが、
そこは自分も移動して対応(汗)

んで、最初に仕掛けを落とし
糸が出きってからしばし停止。
そしてソロ~リと上げ始めた途端

ググン!

アタリが来ました!…が
どうやらセイゴサイズっぽい引き…。

時折グググと強めに引きはするものの
余裕で巻き上げると、案の定釣れてくれたのはセイゴ。
121022_a.jpg

そしてまた次に釣れてくれたのもセイゴ…
121022_b.jpg



そう、そうなのです。
この日も「ヤマザキ秋のパン祭り」ならぬ
「湾奥 秋のセイゴ祭り」が絶賛開催中だったのです。
…orz



もうね。
仕掛けを投入し、ちょっと動かすとすぐにセイゴ。

なので写真も最初の2枚だけ撮ったけれど、
それ以降はなんら代わり映えしないので撮影無し。

ボウズももちろん憂鬱になるけれど…
チビちゃんとは言え何匹か釣れたら
やはりハリスを交換する必要もあるため
漁のごとくひたすらセイゴを釣り上げてはリリース、
釣り上げてはリリースと繰り返していると
これはこれで中々精神にダメージが来ますね。



ちなみに途中途中でルアー釣り師さん数名から
話しかけられ情報交換したのですが、
ルアーの皆さんはアタリも無く渋かったそうです。

…まぁ裏を返せばルアーに喰わないサイズが
ウヨウヨしており、サイズ的に小さいエサには
喰い付いていたって事なんでしょうかね。

嬉しいような嬉しくないような (;^_^A

んで結局終電近くまでセイゴと戯れて
納竿と相成りました。



いつもなら、あまりにもセイゴラッシュが続く時は
釣り場を変えるか、いさぎよく撤収を選ぶのですが
この日は「そのうち大物も来るでしょ」なんてな事を考え、
大きい移動はしなかったのが運の尽き。

恐らくこの日は自分が釣りを初めてから
一番たくさんセイゴを釣った日となりました。

30匹ぐらいまでは何となくカウントしていましたが
さすがにそのあたりからもうヤメました。
釣れてくれるのはありがたいのだけれど、もうお腹一杯です。

次の釣行はもうちょっと足を伸ばそうと思います ('A`)



にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へにほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへ
スポンサーサイト

tag : 釣り 湾奥 東京湾 ヘチ釣り ホリデーパック 波堤チヌ 夜釣り セイゴ セイゴ祭り