スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都江東区

好天に恵まれた連休初日の金曜日。

【 仕事は?】 OK! 一段落ついている!

【 天気は?】 あぁ、清々しいほどの快晴サ!

【 風は?】 大丈夫だ、問題ない。

と来れば…
アタイ…釣りに行っても許されるんじゃないかしら?



『午後の降水確率40%』という不安材料さえ無ければ。



今までの経験上、40%って言ったら
まず『降る』じゃないデスカ。

電車釣行の人間としては、電車を乗り継いで
わざわざ釣行したのに雨というのはかなりキツイのですよ。

……でも…翌日は強風で翌々日は雨。
それ以降も強風が続くっぽいし
いつ行けるか分からないしなぁ…。



と言う訳で午前中モニョモニョと悩んでいたのですが
『 40%という数値は、ただちに釣行に影響を及ぼすレベルではない 』
という非常に高度な判断により釣行決定。

いつもどおり午後になってから
何かが起きても帰宅困難にはならない距離にある
東京都は江東区の釣り場に行ってきました。

実に2月12日以来のご無沙汰釣行です。



近づくにつれ濃くなる雨雲にヒヤヒヤしながらも現場到着。
どれどれと釣り場を見回すと、さすがに暖かい休日とあり
釣り人は多めです。

そして人数もさる事ながら、相変わらず
置き竿によるスペース専有率も凄いです(汗)

釣り方は浮き釣り、投げ釣り、ルアー釣りがほとんどで
ヘチ釣りさん(落し込み含む)は1~2人程度でしょうか。

時期的な物もあるのか、通常のファミリーやアベック(死語)だけでなく
中学生・高校生ぐらいの友人同士と思われるグループも
それぞれキャッキャウフフとテンション高く楽しんでいるようです。

また心配していた雨も、最初の内はパラパラと
天気雨のように降っていたのですが、
次第に消えて行き、じきに止んでしまいました。

それ以降は気持ちの良い天気に恵まれたので、
結果的には高度な判断とやらは大正解でしたね (;^_^A



んで釣り座。

釣り場全体が混んではいたものの
右端の方が少し空いていたので、そちらで準備し
久しぶりにイザ実釣!



コンパクトロッドにタイコリールという仕立てで
青イソメを餌にヘチをツイツイと探ります。

探ります

探ります

探ります

~~~~~

探ります

探るの飽きました。



とにかく全くと言って良いほど
生命の気配が感じられません (-_-)

もうね、仕掛けを上げても上げても、
変わらず元気にコンニチワする青イソメ。
疲労でプルプル震える我が黄金の右手。



んで結局何にも反応が無いまま夜の部に突入ですヨ。

文章だとあっと言う間だけれど
実際にリアル●時間が無駄なんですゼ !?

日がある内に竿を出し始めたのに
夜の21時になってもアタリすら無しって…(汗)



なのでいい加減疲れ、置き竿にして休んでいたら
お互いに名前は知らないのだけれど
顔見知りのおっちゃんが話しかけてきたので
しばし雑談タイムに突入。

ちなみにこのおっちゃん、クロ狙いでここに来ている常連さん。



そのおっちゃん曰く
「今日は渋い。皆ほとんど釣れていない」とのこと。

おっちゃん自身も、早合わせでバラしてしまったけれど
ストローでクロのアタリが一回あったのと、夕方になってから
48cm程度のフッコを一匹釣っただけだとおっしゃっていました。

また、朝方に他の人がクロを一枚釣り上げたと言った情報の他にも、
WやJと言った湾奥釣り場の最近の情報と、これからの季節の
釣り物・釣り方などを教えてもらいました。
ありがたやありがたや。



んで十分休憩も取れたので、お互いの健闘を祈りつつ
再びヘチ探り開始!



ちょっと動きで誘おうと思い、いつもよりも短いスパンで
マメにイソメを付け替えながら探っていると

………………モニョ…

何やら底から少し上げたあたりで
『モニョ~ン』といった手応えがあります。

? (俺の勘違いでも無いし、根掛かりでも無いよな?)

正直、この反応は今まで釣って来たような魚とは
明らかに違う初めての感触です!?

すかさず合わせてあげるものの針掛かりせず (´・ω・`;)
イソメは半分ほど喰われていました。

…まさかとは思うのだけれど、
これが巷で噂のクロのアタリなのかと
一人暗がりでドキドキしていたのは秘密です。

そして急ぎイソメを付け替え少しだけ位置を替えて
再び仕掛けを投入。


………………モニョ~…


( !!! これか!? これなのか!?)
やはり底から1m程度上で反応があります!

しかし先ほどはしっかりと喰っていなかったのかと考え
今回はしばらく待ってから…エイっと巻き上げたのですが
やはりバラシ…orz

あまりにも悔しいので、それから周辺を何度も探ったのですが
それ以降はあの反応はパッタリと無くなってしまいました…。

一体何のアタリだったのでしょうかね? 残念!(汗)



んで、それでも諦めきれず近くで底を探っていたら…


……ググンッ!


先ほどまでの『モニョ』とは違いますがアタリです!

もう絶対にバラシたくありません。なので軽めの反応ですが
慎重にやりとりしていると揚がってきたのは…
13cmのチビカサゴ!
110429_a.jpg

チビでも何でもイイ!
とにかく釣れてくれたのが非常に嬉しい! (゚∀゚) ありがとう!

急いで写真を撮り、無事に大きくなれよ~と願いつつリリース。

大きさはともかく、とにかくボウズを回避できたので
とりあえずは一安心です。
そして暗がりの中で尚も入念に探っていると…


……グ……グビビビッ!


アタリです!
今度はそこそこの手応えがあります!

上手く針掛かりしたようなので丁寧にやりとりしていると
揚がってきたのは…
20.5cmのメバル!
110429_b.jpg

写真からは分かりづらいですが
身体がパンパンと言うかパッツパツです。重いです。

素直に嬉しい!

これも写真を撮りダッシュでリリース。
釣れてくれてありがとう。



その後、帰りの電車の時間が近づいてきていたため
最後の一投と決めて仕掛けを投入。
あと5分、あと5分と往生際悪くネチネチと探っていたら


………ビビビビ!


来ました、アタリです!
慣れ親しんだ手応えを楽しみながら巻き上げると
揚がってきたのは湾奥の常連
21cmのセイゴ!
110429_c.jpg

なんだか久しぶりの対面です (^o^;

コヤツ、尾びれの下側が欠損していますが
餌が十分足りているのか、身体は元気いっぱいで
パッツンパッツンです。

とても良い事ですナ。

こやつも写真を撮り、大きくなれよとリリース。
ありがとう~。



んで電車の時間が来てしまったため納竿。



いや~、今回の釣行は夜遅くまで何も反応が無かったため
正直ボウズだなと覚悟していました。

2ヶ月ぶりの釣りでボウズなんて目も当てられないのですが
『仕方ない、坊主のイラストでも描いてオチを付けるか』
なんてことまで考えていました(汗)

なので、それだけに本当に最後の30分ぐらいで
立て続けに釣れてくれたのは嬉しかったです。

マジで助かった… (;^_^A

また、今までに経験したことの無いアタリがあったのも
大変興味深かったです。

今度また行った際は、再びチャレンジしてみたいと思います。



にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへにほんブログ村 イラストブログへ
スポンサーサイト

tag : 釣り 湾奥 東京湾 ヘチ釣り 夜釣り カサゴ メバル セイゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。